閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年4月2日 北京 森永正裕

中国:北方希土有限公司は希土類研究開発センターを共同設立予定

 現地報道によると、北方希土有限公司は科学研究成果の実用化を促進し、科学技術研究開発プラットフォームを構築するため、内モンゴル自治区科学技術庁、包頭市人民政府、中国科学院北京分院とともに中国科学院包頭希土類研究開発センターを創設する予定 (以下希土類研究開発センターと略称)。

  同社は第6期理事会で「中国科学院包頭希土類研究開発センターへの増資建設に関する議案」を審査し、採択した。1億元を投入し、傘下の希土類研究院へ増資し、希土類研究院は、自身のポジション及び科学研究計画と結びつけ、内モンゴル自治区科学技術庁、包頭市人民政府、中国科学院北京分院と希土類研究開発センターの共同設立に責任を負う。

  包頭(包鋼)希土研究院は北方希土の絶対持株子会社で、北方希土は87.84 %の権益を保有し、内モンゴル国有資産運営有限公司は12.16 %の株権益を保有している。

ページトップへ