閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年4月20日

メキシコ:鉱業特別税等の導入がメキシコ鉱業界に深刻な影響

 2015年4月15日付け業界紙等によると、2014年1月に施行された鉱業特別税及び貴金属鉱業特別税はメキシコ鉱業界に深刻な影響を与えており、特にメキシコで鉱業生産トップのSonora州、Zacatecas州及びChihuahua州においては鉱業推進のための政策が必要である。一方、鉱業特別税等の導入により本年における鉱業関係税収は22億ペソが見込まれている。

n

 Grupo México社のXavier García de Quevedo取締役によると、鉱業特別税等の導入がメキシコ鉱業界へ与えた影響は計り知れないものがあるが、一方で社会に対する貢献を考慮する必要がある。自社を含め鉱業各社は鉱業特別税等を望まないが、鉱業特別税等による税収が鉱業活動が行われている州政府や地方自治体に分配され、最終的に地域における社会インフラの整備等に活用されるのであれば、受け入れざるを得ない。鉱業は、環境問題に関心が高いグループによって反対されているが、雇用創出等の観点から地域社会と良好な関係を築きながら地域に対する貢献が必要である。

ページトップへ