閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年4月20日

豪:WA州政府、鉱区情報管理システムの改修を実施

 2015年4月15日、地元紙によるとWA州政府は同州政府が提供している鉱区情報管理システムへの外部からのアクセスを制限するために、システムの改良を実施すると報じている。これは、同州政府が公表する前に鉱区情報管理システムにアクセスして企業が手放す鉱区に関する情報を得る「データマイニング」に対抗するためである。同州の鉱区申請は先願者が優先的に鉱区を取得することができる先願制となっており、「データマイニング」を行っている企業は、同州政府が鉱区の空きを公表するのとほぼ同時に鉱区の申請を行うことが可能となっていた。これに対し、同州政府のIvor Roberts鉱区管理部門長は「今後は鉱区に関する情報は全ての人に対して同時に提供されるようになる。」とコメントしている。

ページトップへ