閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年4月21日

加:連邦政府、2015年予算案を発表

 2015年4月21日、カナダ連邦政府の保守党政権は14億 C$の黒字を計画する2015年の連邦予算案「Economic Action Plan 2015」を発表した。

 鉱業分野においては、フロースルー株式を購入した個人投資家に認められる15 %の探鉱開発投資税額控除(スーパーフロースルー株式制度)を2016年3月31年まで1年延長した上で、新たに探鉱許認可取得に必要とされる環境調査やコミュニティとの協議の実施に関連する費用も当該制度が適用可能な探鉱費の対象とした。また、北部のインフラ整備関連では、北西準州政府及びヌナブト準州政府に対する借入限度額をそれぞれ13億 C$、6.5 C$に拡大して新規インフラ投資を促進するほか、北極圏における海上輸送の安全強化や将来の海上事故の防止や対応にために5年間で30.8百万 C$を計上している。その他、国内のレアアース及びクロムの商業生産の実現を後押しするため、分離・開発に必要となる技術革新を促進する費用として5年間で23百万 C$を投じる。

ページトップへ