閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年4月27日

ポルトガル:ILZSGの鉛需給予測、2015年も1.7万 tの供給不足が継続

 2015年4月22日、ポルトガル・リスボンで国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)が開催され、鉛の2015年の需給予測が発表された。ILZSGは、前年に引き続き2015年も1.7万 tの供給不足と予測した。サプライサイドについて、鉛鉱山生産量は、2014年は中国の減産により前年比8 %減の500万 t、2015年は豪州及びアイルランドの減産分を中国、インド、メキシコ及びスウェーデンの増産が相殺するとみて前年比1.1 %増の505.3万 tと見込み、鉛地金生産量は、2014年前年比1.9 %減の1,091.2万 t、2015年は前年から若干回復して前年比1.1 %増の1,103.1万 tと推定した。デマンドサイドについて、鉛地金消費量は、2014年は前年比1.7 %減の1,092.8万 t、2015年は前年比1.1 %増の1,104.8万 tと予測した。

ページトップへ