閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年4月28日

中国:中国アルミ・Rio Tinto社、黒龍江銅プロジェクトに200億元投入予定

 安泰科によれば、黒龍江省政府が、中国アルミ・Rio Tinto社と共同実施する斑岩型銅鉱床の探査協力プロジェクトは、年内に効果的な探査技術を新たに導入することで、急速に世界レベルの銅鉱床の探査有望地域を確定し、建設開発に移る。

 同プロジェクトは、2013年11月に黒龍江人民政府が中国アルミ・Rio Tinto社探査有限責任公司と協力契約を締結し、進められてきたもの。中国アルミ・Rio Tinto社は、今後探査完了に向けて3億元を投入し、探査とFSを展開する。ハイレベルプロジェクトであると確定されれば、継続的に7億元を投入し、さらなる探査とFSを行う予定である。

 契約に基づき、中国アルミ・Rio Tinto社及び関連企業は、探査・採掘・選鉱・製錬・加工の一体化原則に従い、資源の品位と規模に基づき、十分な資金を投入し、鉱山プロジェクトを開発・建設し、上流・末端を一体化させる鉱業プロジェクトを構築する。世界レベルの鉱物資源を探査、建設、開発する場合、資金投入額は200億元近く必要となる。

 同プロジェクトに対する2014年の投資総額は3,000万元近くになり、野外作業への投資完了額は2,000万元、年度予算計画に達した。

ページトップへ