閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年5月5日

加:BC州鉱業セクターの純利益が減少

 2015年5月5日付地元報道によれば、BC州鉱業セクターの税引前純利益が2013年の14億 CAN$から2014年は2億8800万 CAN$まで落ち込んでいたことが明らかとなった。

 鉱業収入82億 CAN$(前年度85億CAN$)、資本的支出15億 CAN$(前年度18億 CAN$)もそれぞれ減少しており、米ドル高及び中国の景気減速による主要鉱物、特に銅と石炭の価格低迷が減収の原因とされている。原料炭価格は2011年の330 US$/tから2015年春には100 US$/t以下に落ち込み、また銅についても2011年前半の4.60 US$/lbから2014年末には3.00 US$/lb以下に落ち込んでいた。

 鉱業セクターが長期的競争力を維持するためには持続的な探鉱と鉱山開発が必要であるとされ、このような状況下において、その資金となる投資の減退が懸念されている。

ページトップへ