閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年5月8日

ロシア:外貨準備のため2015年の金輸出は21 %減

2016年2月11日付け地元報道等によると、2015年のロシアの金輸出量は前年比21.2 %減の43.85 t(141万oz)となった。一方、ロシア連邦外貨準備用の金購入量は21.8 %増の208.4 tとなった。
ロシア金生産者同盟のセルゲイ・カシュバ会長によると、ロシアの金輸出減少はもっぱらロシア中央銀行による金購入に起因する。同会長の見解では、通関や輸送の問題が無く関税やライセンスも不要な金の国内販売に比べ、輸出はメリットが小さい。
財務省によると、2015年のロシアの金生産(随伴生産分、スクラップ・くず処理を含む)は前年比0.54 %増の289.5 tであった。

ページトップへ