閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年5月11日

メキシコ:Zacatecas州経済局長、州政府の支援による同州鉱業の魅力を説明

 2015年5月7日付け業界紙等によると、Zacatecas州のAdolfo Bonilla Gómez afirmó経済局長は、同州政府の投資誘致政策による支援により、同州鉱業における雇用創出と投資に対する魅力を説明した。

 同局長によると、鉱業活動を推進するためには、鉱業企業や土地所有者が土地の賃貸借又は売却を容易に可能となるよう、州政府としても特別に関心をもって対応している。州政府による鉱業企業への支援及び協力は、公共安全上の問題ばかりではなく、市民の保護と鉱業企業の労働者に対するメリットにも繋がる。州政府は、連邦、州及び地方自治体とも緊密かつ継続的な連携を行い、治安対策にも努めている。特に組織犯罪への対応として緊急時に特殊警察警備隊を組織できる体制を整えることにより、組織的な犯罪が発生した際、即座に鎮圧等の対応が可能となる。また、これまでに鉱業セクターに対する施策の実施としては、メキシコにおける最初の鉱業クラスターの創設が挙げられるが、具体的には鉱業企業自体の紹介から始まり、鉱業企業に対するサービスや民間金融機関による資金提供等の紹介を実施することにより、鉱業関係企業の集積による効率化を目指している。その他としては、多くの鉱業企業が直面する共有地問題への対策として、当該共有地での探鉱・採鉱が可能となるよう連邦政府が鉱業コンセッション化し許可を付与する。

ページトップへ