閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年5月18日

メキシコ:Chihuahua州における旧鉱業活動地域の復活を予感

 2015年5月11日付け業界紙等によると、Chihuahua州のManuel Russek Valles経済局長は、従前鉱業活動が盛んであったが近年その活動が低下している同州内のParral町やAquiles Serdán町のような地域に関し、本年5月初旬にカナダ系企業との間で協定が締結されたことを受け、今後これら地域における鉱業活動が再生される見通しを示した。

 同局長によると、金属抽出コストを従来の3割削減することができる技術を有するカナダ系企業との協定締結により、これら地域に位置する旧廃滓ダムにおける低品位金属の利用に繋がる。既に同州内の別の地域では当該技術が導入され、主として銀、銅及び亜鉛が抽出されている。近年鉱業活動が低下している地域における旧廃滓ダムの鉱物資源再利用により、直接雇用及び間接雇用を創出することが期待される。今後は当該技術を導入する地域の選定を進める。

ページトップへ