閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年5月25日

ウズベキスタン:2015~2019年に金生産を最大30 %拡大予定

 2015年5月20日付け地元報道等によると、ウズベキスタンは、2015~2019年に金生産を最低20 %、最大30 %拡大し、年産120~130 tとする予定である。生産拡大は新規鉱床の開発開始により確保する。

 このため、NGMK (Navoi Mining and Metallurgical Combinat)は、4つの金鉱山建設(3億3,000万 US$)と既存鉱山(Muruntau及びZarmitan)の近代化(4億8,500万 US$)、AGMK(Almalyk Mining-Metallurgical Complex)は、2020年までにKyzyl-Olma鉱床をベースとする2つの坑内掘鉱山の建設(1億8,500万 US$)を予定している。両社によるこれらプロジェクトへの投資額は11億 US$以上となる。

 ウズベキスタンの2014年の金生産量は前年比4 %増の102 tであった。同国の金の確認埋蔵量は2,500 t以上である。

ページトップへ