閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2015年5月27日

ブラジル:Anglo American、Minas Rio鉄鉱石鉱山の資産価値を再度減損処理か

 メディア報道によると、Anglo Americanは、Minas Rio鉄鉱石鉱山の資産価値について再度の減損処理を実施する可能性がある。これは鉄鉱石の価格下落を背景とするもの。同社はこれまでにも幾たびか減損処理をしており、直近では2014年度決算で35億 US$の減損を計上している。

 Minas Rio鉄鉱石鉱山の生産コストは60 US$/tであり、これは市場価格とほぼ同じ。現状では中国向け品位62 %のものが60 US$/t以下で取引されている。品位67~68 %の同鉱山からの鉄鉱石にはプレミアムが付くものの、それでも黒字化するのは2015年からになるとみられる。

 当初計画における年間生産量は、2015年:11~14百万 t、2016年:24~26百万 t、2017年以降:26.5百万 tとなっているところ、2018~2020年の年間生産量を29百万 tに増強するための拡張計画が実現すると、生産コストは33~35 US$/tになる見通しである。

ページトップへ