閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年5月28日

チリ:環境監督庁、Candelaria銅鉱山に対しての制裁手続を開始

 メディア報道によると、SMA(環境監督庁)は、16件(うち9件は重度な違反)の環境関連の違反や不履行を把握したとして、Candelaria銅鉱山に対して制裁措置を講ずる手続きを開始した。44百万 US$の罰金、プロジェクトの中止が命じられる恐れがある。

 違反や不履行として指摘を受けた事項しては、微小粒子状物質拡散を防ぐための対策の不備、道路インフラの維持管理の不備、新鮮な水の使用量削減対策の不備、などがある。

ページトップへ