閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年6月1日

中国:初のレアメタルインターネットプラットフォームがスタート

 現地報道によれば、2015年5月29日、深圳前海自由貿易区に設立した国内初めてのレアメタルインターネット金融プラットフォームである泛融ネット(efanrong.com)が正式にスタートした。これは、国内初となるレアメタル業界のユーザーや一般投資者向けのインターネット金融プラットフォームで、P2PアプリケーションとO2Oという事業方法を統合させたインターネット金融プラットフォームである。

 泛融ネットは、泛融(深圳)インターネット金融サービス株式有限公司傘下のウェブサイトで、同社は2015年1月に深圳前海で設立された盛富泛亜集団加盟企業である。また、泛亜有色金属取引所と厦門泛亜商品取引センターの重要な戦略的協力パートナーとなっている。

 泛亜有色金属取引所は現在世界最大規模のレアメタル取引所で、取引を通じて企業に売買やサプライチェーンへの融資サービスを提供し、投資者に便利性且つ効率性の高いレアメタル投資サービスを提供する。現在、同取引所では、インジウム・ゲルマニウム・コバルト・タングステン・ビスマス・ガリウム・銀・バナジウム・アンチモン・テルル・セレン・ロジウム・ジスプロシウム・テルビウムの14品目を対象とし、そのうちインジウム・ゲルマニウム・タングステン・ビスマス・ガリウム等鉱種の取引量、配達量、在庫量は世界でもトップに位置し、世界のレアメタル業界で価格決定権、発言権と国際的競争力を持っている。

ページトップへ