閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年6月8日

中国:江西銅業徳興銅鉱山の拡張生産プロジェクト、環境保護部により承認

 安泰科によれば、江西銅業傘下の徳興銅鉱山の採掘選鉱生産規模技術改善工事は、環境保護部による認可審査を通過し、同プロジェクトは正式に建設を開始する。同プロジェクトが承認されることにより、江西銅業の銅精鉱生産量と自山鉱比率は引き上げられ、同社は利益獲得能力と経営業績を高めることができる。

 環境保護部によると、徳興銅鉱山の拡張生産改善プロジェクト実施において、環境アセスメント評価書類及び認可要求に一致し、関連の環境保護施設を建設し、関連の環境保護措置を徹底的に実行する予定。検査を通過した後、同プロジェクトは正式に稼動する。稼働した後、環境保護作業を徹底的に実施する。プロジェクトは正式稼働の3年~5年後に環境アセスメント評価を行う。

 2008年5月、中国環境保護部は同プロジェクトに関する環境アセスメント報告書を承認し、プロジェクトは2009年5月に建設開始し、2014年4月、江西省環境保護庁の認可により試運転に入った。試運転期間中に採掘・選鉱負荷は設計能力に達し、関連環境保護施設も同時に使用開始となった。

 資料によると、徳興銅鉱山の拡張生産改善プロジェクトは江西省上饒市徳興市に位置し、徳興銅鉱山は銅厂鉱区、富家塢鉱区と朱砂紅鉱区の3ヵ所の鉱区から構成され、プロジェクトの投資総額は25.77億元、そのうち環境保護への投資額は1.09億元で、投資総額の4.25 %を占めている。プロジェクトの建設が完了すれば、徳興銅鉱山の採掘選鉱生産能力はこれまでの10万 t/日から13万 t/日に引き上げられ、年間銅精鉱生産14.46万 t、硫黄精鉱14.05万 t、モリブデン精鉱3,754万 t(金属量)になる見込み。

ページトップへ