閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年6月15日

ドミニカ共和国:加GoldQuest Mining社、ドミニカ共和国での金生産企業になり得るか?

 2015年6月5日付け業界紙等によると、ドミニカ共和国にRomero多金属プロジェクトを保有する加GoldQuest Mining社(本社:バンクーバー)が、同国において次の金生産企業となることができるか否かについて関心を集めている。

 同社は本年4月に同プロジェクトに係る予備経済性評価結果(PEA)を発表したところ、2014年5月に発表した結果と比べ、税引後内部収益率(IRR)が15.1 %から34 %へ、金品位が2.69 g/tから4.02 g/tへといずれも高い水準へと見直されたとともに、初期開発投資額が333百万 US$から143百万 US$へと引き下げられ、開発を着手するに際し魅力的な状況となっている。一方、鉱山寿命が15年から9年へ、粗鉱処理量が3,800 t/日から2,500 t/日へ、金換算生産量が4.0 t/年から3.6 t/年へとスケールダウンしているほか、鉱山操業コストとしてのAISC(All in sustaining costs)が金換算で572 US$/ozと依然として高く見積もられていることが課題となっている。

 今後は初期開発投資額を更に削減しAISCを引き下げつつ、鉱業投資において良い評価が得られていない同国に対し如何に投資を実行することができるかが鍵になると思われる。

ページトップへ