閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年6月15日

豪:BHP Billiton、Olympic Dam鉱山の拡張により銅生産量を2.5倍にする計画

 2015年6月12日、豪州全国紙はBHP Billiton(BHPB)がOlympic Dam鉱山の拡張により、銅の増産を計画していることを報じた。BHPBは、現在同鉱山から銅を180,000 t/y生産しているが、鉱山の拡張により2024年に450,000 t/yの銅を生産することを目標としている。同鉱山は世界最大のウラン鉱山であるが、拡張により世界2位の銅鉱山になる予定である。しかし、BHPBは増産を実現するためには、低品位鉱からのヒープリーチング等の鉱石処理技術の改良が必要とコメント。マッコーリー銀行のアナリストは、2012年以降に多くの銅開発プロジェクトが中止となったため、10年以内に銅の供給不足が予想されており、BHPBの4つの中核事業(鉄鉱石、石油、銅、石炭)の中で銅の価格が最も上昇すると予想されていることから、BHPBが銅の増産に積極的になっているとコメントしている。

ページトップへ