閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2015年6月15日

インドネシア:Harita、北マルク州でのニッケル製錬所建設を開始

 2015年6月12日付地元メディアによると、Haritaグループの1ユニットであるPT Megah Surya Pertiwi(MSP)は2015年6月9日に、北マルク州南ハルマヘラ県オビ島において、3.2億 US$の資金を投入したニッケル製錬所の建設開始式典を催した。同製錬所のフェロニッケル生産能力は年産19万 t で、鉱石はHaritaグループ鉱山及び他鉱山からの調達の予定。

 南ハルマヘラにおける同グループの鉱山を管理するHarita NickelのシニアマネージャーであるArif Perdanakusumah氏は、製錬所はアーク炉統合型ロータリーキルン3ラインで構成され、40MW石炭火力発電3基を併せ持つと述べる。また同氏によると、発電所を含めた製錬所建設は24か月以内に完了見込みとのこと。

 Haritaグループは、当該製錬所プロジェクトを新兴铸管股份有限公司及び投資家と共同で進めている。

ページトップへ