閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年6月19日

加:Imperial社、Red Chris鉱山に関する全ての許認可を取得

 加Imperial Metals Corporation(以下、Imperial社)が、BC州北西部のRed Chris銅・金鉱山に関して、BC州政府より長期的操業に必要な許認可を取得した。2015年6月15日に、環境省が州環境基本法に基づく認可証を6月12日付で発行し、これにより鉱滓ダム(Tailing Storage Facility:TSF)への鉱滓の放出や、水質ガイドラインに従ったTSFからの排水が可能となった。また、6月19日には同州エネルギー鉱山省が鉱山法に基づく修正許認可を発行した。これにより、同鉱山は本格操業に移行することが可能となった。

 地元報道によれば、Red Chris鉱山は2015年2月初旬にミルの試験操業を目的とした鉱滓の放出を認める3か月間の暫定的な許認可を取得し、2015年2月17日に銅精鉱の試験生産、3月2日に出荷を開始していたが、暫定許認可期限内に州政府と地元先住民のTahltan First Nationの環境評価委員会による精密検査が終わらず、6月15日までの追加暫定許認可が発行されていた。

ページトップへ