閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年6月19日

豪:Sandfire社、WA州De Grussa銅鉱山東部に新たな塊状硫化物鉱床を発見

 2015年6月17日、WA州の銅生産会社Sandfire Resources (Sandfire社)は、同社のDe Grussa銅鉱山の約10キロメートル東部で実施していたJV探査で新たな塊状硫化物鉱床を発見したことを発表した。ボーリングTLDD004A孔により、掘進長411~425メートルの14メートル間に塊状硫化物が捕捉された。同ボーリングは空中電磁探査により抽出された低比抵抗異常に対して実施していた。同社によれば、塊状硫化物中には黄銅鉱が認められ、同社が操業するDe Grussa鉱山(火山性塊状硫化物(VMS)鉱床)の鉱石と酷似している。Sandfire社はWA州のTalisman Mining社とSpringfield projectの名称でJV探査を実施しており、1,500万A$の探査費用を拠出することにより70 %の権益を獲得することができる。

ページトップへ