閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年6月26日 リマ 岨中真洋

ぺルー:Humala大統領、Tia Maria銅プロジェクトに関し住民の意思尊重の方針示す

 2015年6月23日付け地元紙によると、Humala大統領は、Southrn Copper社(本社:ペルー)のTia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)に関して、政府は民間企業の利権擁護は行わないとの立場を示した。

 同大統領は、2010年の大統領候補時代にArequipa州のTambo渓谷を訪れた際、「民の声は神の声である」との発言を行ったが、現在もその考えに変わりはないとし、政府はあくまでも住民の意思を尊重するとの立場を示した。また政府の方針は、法治国家としての立場を貫き、環境影響評価が正しく実施されるようにすること、またTambo渓谷の水資源利用が鉱業よりも農業に優先されることであると述べた

ページトップへ