閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年6月29日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:Fresnillo社、今後4年間で20億US$の投資を計画

 2015年6月19日付け業界紙等によると、Peñoles社の貴金属部門の子会社であるFresnillo社のDavid Giles副社長は、メキシコにおいて今後4年間で20億US$を投資し新規プロジェクトを実施する計画である旨を明らかにした。

 同副社長によると、投資を計画する新規プロジェクト8件によって、2018年までに銀生産量が2千t/年、金生産量が23 t/年へとそれぞれ拡大する見通しである。なお、同社は、2015年の年間生産量を銀1.4千~1.5千t、金20.8~21.3 tと見込んでいる。現在開発段階にあるプロジェクトとしては、Chihuahua州に保有するSan Julián銀・金プロジェクトが投資額515百万US$、銀生産量320 t/年、金生産量1.4 t/年で本年末までの操業開始を目指し建設中であるほか、Zacatecas州に保有するFresnillo銀鉱山のパイライトプラント建設プロジェクトが投資額155百万US$、銀生産量110 t/年を計画している。拡張計画としては、Durango州に保有するCienega金鉱山において投資額55百万US$により粗鉱処理量を3.5千t/日から5千t/日へと拡張させるほか、Fresnillo銀鉱山において投資額100百万US$により粗鉱処理用を8千t/日から10千t/日へと拡張させる計画がある。探鉱計画としては、Chihuahua州に保有するOrisyvo金・銀プロジェクトに関し現在プレFSを実施中であり、初期投資額350百万US$、金生産量4.7 t/年、2018年の操業開始を計画しているほか、権益保有率Fresnillo社56 %及びMAG Silver社44 %でZacatecas州に保有するJuanicipio金・銀プロジェクトに関し初期投資額300百万US$、銀生産量311 t/年、2018年の操業開始を計画している。その他としては、Sonora州に保有するLa Herradura金鉱山の拡張計画に関し投資額155百万US$、2018年の完工を目指すほか、Sonora州に保有するCentauro Deep金プロジェクトに関し投資額365百万US$、2019年の操業開始を目指す計画もある。

ページトップへ