閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年6月29日 北京 森永正裕

中国:天津東邦鉛資源リサイクル社の生産拡張プロジェクトが建設開始

 安泰科によれば、投資総額3.56億元の天津東邦鉛資源リサイクル社の生産拡張プロジェクト建設が開始された。同プロジェクトは2016年8月生産開始予定で、鉛蓄電池及び鉛スクラップの年間処理能力は16万tに達し、拡張前と比べて年間生産能力は7倍近く増加する。

 同社は、天津で唯一鉛危険廃棄物の収集処理を経営許可された鉛リサイクル会社である。廃鉛蓄電池及び鉛スクラップの回収、処理とリサイクルを効果的に拡大するため、同社は、天津南港工業区で鉛スクラップ生産ラインを建設する。土地面積は6万平方メートル、2系列ある生産ラインの年間処理能力は8万t(合計16万t)である。また、再生鉛及び鉛合金製品の生産能力は10.8万t、そのうち鉛アンチモン合金、鉛カルシウム合金の生産能力7.1万t、精製鉛の生産能力は3.7万tである。

ページトップへ