閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年7月6日 メキシコ 縄田俊之

ドミニカ共和国:地方裁判所、Pueblo Viejo金・銀鉱山の操業中止に対する訴訟を棄却

 2015年6月30日付け業界紙等によると、地方裁判所は、加Barrick Gold社(本社:トロント)と加Goldcorp社(本社:バンクーバー)が権益比率60:40でドミニカ共和国に保有するPueblo Viejo金・銀鉱山に対する操業中止を請求する訴訟を棄却した。

 Barrick Gold社によると、同裁判所は同鉱山の操業による周辺住民の生命及び健康への懸念は立証できないとした上で、同鉱山が天然資源の採掘を規制する憲法の内容に抵触するような環境への損傷、変質及び脅威を与えているとする証拠を原告側が提示できなかったとして、本訴訟を棄却する判決を下した。更に、同裁判所は、同鉱山の操業が周辺環境に影響を与えていない証拠となる、環境天然資源省が公表した水質監視報告書、エネルギー鉱山省が公表した同鉱山周辺地域の動物死亡報告書、及び、地域コミュニティとともに実施した同鉱山周辺地域の騒音、大気及び水に関するモニタリング調査を有効とした。

ページトップへ