閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年7月7日 バンクーバー 山路法宏

加:歳入庁、Silver Wheaton社の課税額の見直しを通達

 2015年7月6日、Silver Wheaton Corp.(以下、Silver Wheaton社)は、所得税法に含まれる諸規定の下で同社に対する課税対象額の再評価を提言するカナダ歳入庁(Canada Revenue Agency:CRA)のレターを受領したことを明らかにした。同社によれば、CRAは当該レターの中で、同社のカナダ国外の子会社の収益に関して所得税法の移転価格条項が適用されるべきであり、それによりカナダ国内で課税される同社の収益は2005年から2010年の課税年度において約7.15億C$(5.67億US$)となる、との立場を示している。これに対して同社は、カナダ税法に従って所得額を申告して適切な所得税を納めているとして、同社の見解を信じてCRAの低減に対する対応を準備中である。仮にCRAの提言に沿って再評価された場合、同社は対象課税年度に関して約1.5億US$もの連邦税及び州税が課されると試算している。

ページトップへ