閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年7月10日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Minsur社、2015年に68百万US$を投資予定

 2015年7月3日付け地元紙によると、Minsur社(本社ペルー)は、2015年に、同社の既存鉱山に対して最大68百万US$を投資する見通しを発表した。おおよその内訳は、世界第三位の錫鉱山であるSan Rafael(Puno州)に20百万US$、Pucamarca金鉱山(Tacna州)に12百万US$、Pitinga-Pitapora鉱山(ブラジル)に30~36百万US$となっている。

 一方、同社はMina Justa銅プロジェクト(Ica州)に対して、2015年に40~50百万US$の投資を計画しており、2019~2020年の操業開始を期待しているほか、San Rafael錫鉱山の廃さい回収プロジェクトは、2018年に生産を開始する見通しを持っている。

ページトップへ