閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年7月10日 リマ 迫田昌敏

ぺルー:Tia Maria銅プロジェクト、Southern Copper社は年内のプロジェクト再開目指す

 2015年7月3日付け地元紙によると、地元住民の反対運動により中断されているTia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)について、Southern Copper社(本社ペルー)のGonzales社長は、「年内に必ずプロジェクトを再開しなければならない」との考えを示した。7月1~3日、ペルーにおいて、メキシコ、コロンビア、ペルー、チリの加盟4か国の大統領や閣僚が参加して開催された第10回太平洋同盟サミットの枠内で実施された民間企業会合での発言。また、現地の状況が落ち着くのを待ちつつ来年にプロジェクトを再開する可能性についての質問を受けると、「2016年まで待つことは不可能である」と返答し、地域社会のためにも年内にプロジェクトを再開し、これ以上時間を無駄にすべきでないと回答した。さらに、来年に大統領選を控えたペルーでは情勢が不安定になることは認識しているとしつつ、ペルー国内にはCerro Verde鉱山拡張プロジェクトとLas Bambasプロジェクト以外に(大規模な)開発予定のプロジェクトは存在しないことから、Tia Mariaプロジェクトの実施は同国にとって重要だと指摘した。

ページトップへ