閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年7月23日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:Anglo American、2015年上半期の銅生産量は減少

 2015年7月24日付けAnglo Americanの2015年上半期中間報告によると、同期のLos Bronces鉱山(首都圏州)、Collahuasi鉱山(第I州)、El Soldado鉱山(第Ⅴ州)、Anglo American Norte(第Ⅱ州およびⅢ州)の銅生産量はそれぞれ、192,000 t(前年同期比13 %減)、95,300 t(同10 %減)、16,200 t(同11 %減)、52,800 t(同4 %増)であった。同社の銅生産量としては356,000 tであり、前年同期の396,000 tから10.1 %減となった。

 2015年上半期、例年の10 %程度という記録的に低い降水量となった首都圏州に位置するLos Bronces鉱山は、貯水量維持などの水管理上の制約により選鉱場の一時休止を余儀なくされ、高品位鉱石の採掘等の対策をとったが、生産量を維持するには至らなかった。下半期の生産量は引き続き天候に依存することになる。Collahuasi鉱山は定期補修や機能改善のための改修の影響があったが、下半期には回復する見込み。

ページトップへ