閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年7月24日 北京 森永正裕

ロシア:ロシア系企業、レアアース開発プロジェクトに中国側投資者と連携

 現地報道によれば、ロシア系企業Rosterの子会社である“RT環球資源”は、中国の協力パートナーと協議を行い、ロシア国内のレアアース鉱床を共同開発する。

 中国は、全世界の90 %以上のレアアースを生産している。レアアース採掘技術も世界をリードする地位にある。ロシアは、唯一レアアース鉱床を保有しているが、それはウラル地域である。中国企業は技術を保有しているが、それを外国企業に移転するには制限があるため、現在、中国側投資者は、中国政府ととともに同問題について解決案を考えている。

 中国側協力企業は、ロシア側とともにロシアのレアアース鉱床を開発する意欲があるが、そのためには、ロシアへのレアアース抽出技術の移転許可を中国国務院から取得する必要がある。

ページトップへ