閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年7月30日 バンクーバー 昆野充登

加:Goldcorp社、株主配当を6割削減

 2015年7月30日付地元報道によれば、Goldcorp Inc(以下、Goldcorp社)は、財政の健全性を維持するため、株主配当を6割削減し、8月1日から1株あたり0.02 US$とすると発表した。7月に入り、金価格はここ5年間で最も低い価格となっていた。

 Tahoe Resources Incの株式売却などにより、Goldcorp社の第2四半期(4-6)の純利益は3.92億US$(前年1.81億US$)、株価は0.47 US$(前年0.22 US$)といずれも前年同期比の2倍以上となっているが、株式売却の影響を除くと、純利益0.65 US$、株価0.08 US$となっていた。

 Goldcorp社は、配当削減により財政に柔軟性を持たせて不安定な金市場下を乗り切るとの考えを示している。同社がキャッシュフローの黒字化を行うのは2012年第3四半期以降で初となる。

ページトップへ