閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年8月7日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Milpo社、Michiquillay銅プロジェクト参入の意向を表明

 2015年8月4日付け地元紙によると、Ortizエネルギー鉱山大臣は、Milpo社(本社:ペルー)が、投資促進庁(Proinversion)に対して、Michiquillay銅プロジェクト(Cajamarca州)への参入を表明したことを明らかにした。Michiquillay銅プロジェクトは、2007年にProinversionが実施した民営化入札においてAnglo Americanによって落札されたが、同社が2014年末に事業整理により撤退したことから、本プロジェクトは現在再び政府の管理下に置かれている。今回Michiquillayプロジェクトは自立型民間主導方式(Iniciativa Privada Autosostenible、IPA)による民営化が実施されており、Milpo社はこのメカニズムに応じた提案書をProinversionに提出した。自立型民間主導方式は通常の入札よりもよりも手続きが速く、一般的にプロジェクト実施の意図を表明した企業が優先される仕組みとなっている。なおMilpo社は、2007年のMichiquillayプロジェクト入札に応札価格385百万US$で参加したものの、Anglo American社(403百万US$)に敗れた経緯がある。

 Michiquillayプロジェクトの埋蔵量は544百万t(銅品位0.69 %、金品位0.5 g/t、銀品位4 g/t)で、今後の必要投資額は約7億US$、年間生産量は銅22万tと見込まれている。また、先月Votorantim社(本社:ブラジル)は、Milpo社株を公開買付し、出資比率を50.1 %から60.1 %へ上げ、コントロールを強化した。

ページトップへ