閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年8月14日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:Collahuasi銅鉱山、操業継続に必要な環境影響評価書を2016年に提出予定

 メディア報道によると、Collahuasi銅鉱山は、鉱山操業に係る環境認可の期限が2019年に切れることから、新たな認可の取得に必要な環境影響評価書を2016年年央ごろに提出する予定である。Gomez社長は、「現在の市場状況を考えると、生産を維持すること、将来の発展の機会を取り入れることが重要である、と株主達は判断した」と述べている。同社長は、同鉱山の可採年数の延長と生産量増加を図るための計画を有するとした。2015年の生産量に関しては、前年比10 %減となった2015年上半期の生産量を、下半期の生産量増である程度補えるものの、2014年を若干下回るとの見通しを示した。

ページトップへ