閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年8月14日 リマ 迫田昌敏

ペルー:政府、Madre de Dios州の違法鉱業を取締り

 2015年8月13日付け地元紙各紙によると、8月11日、Madre de Dios州の熱帯雨林地域La Pampaで軍隊や警官隊1,300名による違法鉱業取締りが実施された。取締り活動では40以上のキャンプ地への取締りが行われ、41名が逮捕されたほか、発電機やポンプ、車両をはじめ、金の採掘に利用される様々な機材が破壊された。また、キャンプ地で労働を強いられていた未成年の人身売買被害者などが救出された。なお、政府はMadre de Dios州における違法鉱業取締りを7月半ばに実施したばかりだったが、1か月を経ないうちにキャンプ地や採掘活動が再開されていた。高い利益率が見込める違法鉱業は、当局による取り締まり後も短期間で活動を再開し、ここ数年にわたり双方のいたちごっこが続いている。

ページトップへ