閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年8月17日 モスクワ 木原栄治

ロシア:産業貿易省、Tominsky採鉱選鉱コンビナート・プロジェクトの重要性を確認

 2015年8月3日付け地元報道等によると、ロシア産業貿易省は、Tominsky採鉱選鉱コンビナート建設に関する会議を開催し、以下の決定がなされた。

①Tominsky採鉱選鉱コンビナートは現行法に従い、期限順守の上、所定の手続きによりプロジェクト文書の国家審査を受ける。

②プロジェクト実施の各期限を承認し、その順守を産業貿易省が管理する。

③ロシアの非鉄金属産業発展と資源安全保障におけるプロジェクトの重要性に鑑み、期限通りのプロジェクト実施に向け、RCC社(Russian Copper Company)と協力するようチェリャビンスク州政府に勧告する。

④産業貿易省は、投資プロジェクトとしての戦略的重要性に関するメッセージをチェリャビンスク州政府に送付する。

 同プロジェクトは、2014年5月5日付産業貿易省令第839号により承認された「2014~2020年及び2030年までのロシア非鉄金属産業発展戦略」に含まれている。各種レベルの予算及び予算外基金への納税額は800億ルーブル以上(プロジェクト実施期間中)となる見込みで、81 %が地方予算に入るため、地域発展と住民生活の質向上が見込まれる。また、1,300人の雇用が予定されている。

 環境面に関しては、同コンビナート(鉱石年産能力1,400万t)のプロジェクト文書は国家環境アセスメントの肯定的結論を取得している。

 連邦自然利用分野監督局(Rosprirodnadzor)及び国家審査総局(Glavgosekspertiza)は、RCC社が現行法を厳守して承認手続きを進めているとしている。

ページトップへ