閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年8月24日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:国家情報公開庁、Buenavista銅鉱山の銅浸出液流出事故に係る汚染状況モニタリング結果の提供を要請

 2015年8月17日付け業界紙等によると、国家情報公開庁(INAI)は、Grupo México社の子会社Southern Copper社がSonora州で操業しているBuenavista銅鉱山において、昨年8月に発生した銅浸出液流出事故に関して、環境保護連邦検察庁(PROFEPA)に対し、同鉱山及び周辺地域で実施された汚染状況に係るモニタリング結果の提供を要請した。

 この背景としては、一般市民が、当該事故後における同鉱山の銅浸出液貯留地、廃滓ダム及び周辺地域の井戸の重金属レベルや、大気中のガスや粒子の飛散状況を確認するために、PROFEPAに当該モニタリング結果の提供を要請した。これに対し、PROFEPAは、当該関連情報に関しては環境天然資源省(SEMARNAT)のウェブサイト上で既に公開済みである旨を回答するとともに追加情報の提供にも応じているとしたため、当該一般市民がこれに不服を申し立て、これを受けたINAIが状況を精査した。その結果、INAIは、PROFEPAが透明性及び公共情報アクセス法に規定される行政手続きを怠ったとして、PROFEPAに対しあらためて当該モニタリング結果の提供を要請した経緯を有する。

ページトップへ