閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2015年8月24日 シドニー 山下宜範

豪:鉄鉱石鉱山会社のArrium社は経営難により鉱山用消耗材販売部門の売却を検討

 2015年8月19日、鉄鉱石鉱山会社のArrium社は2015年度の決算を発表。多額の評価損の計上により税引後の純損失は1.9 bA$、純債務は1.75 bA$となった。経営難に陥っている同社の中で、粉砕機用の鉄製ボール等を扱う鉱山用の消耗材販売部門は好調であり、鉱山部門の利益(EBITDA)が前年比で87 %減であるのに対して同部門の利益(同)は前年比で13 %増であった。

 同20日付けの地元紙は今回の決算に係るAndrew Roberts 社長の発言を伝えている。同社長は、鉱山用の消耗材販売部門には多くのビジネス関係筋から様々な関心が寄せられており、これらについて調査を開始すると述べたが、現段階で同部門の売却を発表することはしないとも述べた。更に、2016年度は、ブレークイーブンとなる鉄鉱石の価格を、現下のスポット価格57 US$/tを下回る47 US$/tにまで低減させ、今後もコストの削減を続けるとも述べている。同社は本年1月に500名の人員削減を行うと共に、高コストのSA州の鉄鉱石鉱山の操業を中止している。

ページトップへ