閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類 スカンジウム
2015年9月7日 モスクワ 木原栄治

ロシア:Rosatom社、投資プロジェクト「Dalur社のスカンジウム随伴生産」への資金提供を決定

 2015年8月24日付け地元報道等によると、Rosatom社は投資プロジェクト「Dalur社のスカンジウム随伴生産」への資金提供を決定した。プロジェクトで最も重要なのは生産基盤の存在である。地下資源からのスカンジウム回収はウラン回収と併せて行われるため、スカンジウム精鉱生産には、ウラン生産企業の主要生産棟に接続する小型プラントの建設が必要である。

 現在、プロジェクトにはVNIPIpromtechnologii社(ウラン生産企業グループARMZ社の技術センター)が参加している。2015年内に、貴液からのスカンジウム随伴生産の最適技術を開発する必要がある。ウラン回収プロセスに類似しているが、精鉱からの放射性核種除去のため、多段抽出プロセスを加える必要がある。

 2016年に試験開発(設計及び現場での設備設置)への移行を予定している。Kurgan州のスカンジウム年産量は1.5 tとなる可能性がある。これは市価で約1億ルーブル(RUB)となる見込みである。ウラン同様、スカンジウム精鉱は原子力産業用としてTVEL社(Rosatom社傘下)のプラントに供給される予定である。

ページトップへ