閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年9月13日 モスクワ 木原栄治

ロシア:2016年、Istochnoe鉱床でウラン生産開始へ

 2015年9月7日付け地元報道等によると、Khiagda社(Rosatom社傘下)は2016 年末にブリヤート共和国KhiagdaエリアのIstochnoe鉱床でウラン生産を開始する。Istochnoe鉱床(ウラン埋蔵量2,055 t)は2014年に開発が開始され、現在、永久凍土での環境負荷の少ないISL法による採掘に向け、生産井のボーリングが行われている。2016年半ばには第一鉱層への酸注入が開始される予定である。

ページトップへ