閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年9月14日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:鉱石輸出禁止の緩和は実施されない模様

 2015年9月7日付地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省Sudirman Said大臣は、高付加価値化の観点から、鉱石輸出禁止の緩和を行うことはないと述べた。同氏は「鉱石輸出禁止の緩和という話は真実ではないと強く申し上げたい。なぜなら、インドネシア政府は経済構造再構築の一部として下流工程の促進にコミットしているからである」と発言した。

 Said大臣のこの言及は、8月の鉱物石炭総局Bambang Gatot Ariyono総局長の発言に対するものである。同総局長は、政府が国内製錬所建設のインセンティブを与えるため、輸出禁止の緩和を検討中であると8月に発言した。

 Said大臣は、同国政府は環境保護及び法的な側面から、鉱石輸出禁止の緩和を行わないと決定した、と述べた。

ページトップへ