閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年9月25日 リマ 迫田昌敏

ペルー:鉱業Canon税と公共投資、貧困の削減に貢献

 2015年9月18日付け地元紙によると、国立統計院(INEI)のSanchez長官は、2013年貧困マップを発表し、鉱業Canon税、公共投資、社会プログラム等の対象地域において、貧困率の低下が確認された旨明らかにした。同長官は、鉱業活動に関わる全国の32区において、特に大きな貧困指標の減少が確認されたとし、その例としてSan Martin州Huallaga郡Piscoyacu区、Junin州Junin郡Marcapomacocha区、Huancavelica州Angaraes郡Julcamarca区等を挙げた。

ページトップへ