閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年9月28日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:メキシコで活動中の銀生産企業が大幅なコスト削減に挑む

 2015年9月21日付け業界紙等によると、メキシコで活動する主要銀生産企業である加 First Majestic Silver社(本社:バンクーバー)、米Coeur Mining社(本社:シカゴ)及び加Fortuna Silver Mines社(本社:バンクーバー)は、金属市況の下落・低迷に対抗するため大幅なコスト削減に着手している旨を明らかにした。

 First Majestic Silver社によると、Coahuila州に保有するLa Encantada銀鉱山における発電設備のリプレイスと、加SilverCrest Mines社の買収による既存鉱山との相乗効果を図ることにより、鉱山操業コストとしての全維持コスト(AISC)を本年Q2における14.49 US$/ozから2016年には12.50 US$/ozへ削減することを目標とする。

 Coeur Mining社によると、操業中の鉱山における施設・設備に関する継続的なオーバーホールを行うことにより、AISCを18 US$/ozから10 US$/ozへ削減する計画である。また、総額146百万US$での米Paramount Gold & Silver社の買収により、利益率の高い高品位の鉱石採掘に生産をシフトさせることで全体的なコスト削減を図る。

 Fortuna Silver Mines社によると、Oaxaca州に保有するSan Jose銀・金鉱山に関し投資総額30百万US$により粗鉱処理量を2千t/日から3千t/日へと拡張する計画を進めており、これによって、AISCを13.07 US$/ozから7.5~8 US$/ozへ削減を見込む。

ページトップへ