閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2015年9月28日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:Central Omega社とMacrolink社がフェロニッケル製錬所を建設

 2015年9月19日付地元メディアによると、PT Central Omega Resources Tbk社(以下、Omega社)は中国企業Macrolink Groupとジョイントベンチャーを形成し、中央Slaweshi州に第2のニッケル製錬所を建設する予定。

 2015年9月18日付の同社声明によると、Omega社はPT Macrolink Nickel Development社と9月14日付でジョイントベンチャー契約を締結、PT Macrolink Omega Adiperkasa社(MOA社)を設立した。MOA社は中央Sulawesi州北Morowali県でニッケル製錬所を建設し、年産2万tのフェロニッケルを生産する予定。

 MOA社の株式比率はOmega社が40 %、PT Macrolinkが60 %となり、総株式資本は4千億ルピー(IDR)(約3千万US$)となる。このフェロニッケルプラントにはロータリーキルン電炉方式を採用し、投資額は5億US$と見込まれる。

 PT Macrolink社は2015年1月にOmega社子会社であるPT COR Industri Indonesia社の株式40 %を取得した。PT COR社は北Morowali県において高炉方式のニッケル銑鉄プラントを建設中である。

ページトップへ