閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年10月5日 モスクワ 木原栄治

ロシア:VSMPO-AVISMA社、2015年は設備改修に9億7,800万ルーブル支出

 2015年9月23日付け地元報道等によると、チタン生産大手VSMPO-AVISMA社は2015年、設備のオーバーホールに9億7,800万ルーブルを支出する予定である。これにより450以上のユニットが更新される予定である。

 工場で行われている設備更新で最大規模のものは第22プラントにおける新規加熱炉及び12基の立旋盤(チェコ製)の設置である。同様の更新が第21プラントの鍛造施設でも行われており、第16プラントには最新式の油圧自動ゲージ制御装置(HAGC)が近々納入される。

 また、新規コンプレッサーステーション向けに設備の大口納入が予定されている。ユニットは全て支払済み・配送中で、2015年10月の設置を予定している。

ページトップへ