閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年10月8日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:Antofagasta Minerals社、7 %の人員削減計画を発表

 メディア報道によると、10月6日、Antofagasta Minerals社(AMSA)は従業員や役員を7 %削減する人員削減計画を発表した。AMSAは、競争力を維持するための生産コスト低減計画の一環であるとしている。これにより、Los Pelambres銅鉱山やCentinela銅鉱山のほか、サンティアゴ本社の、一般社員、専門職、役員合わせて約300名が解雇される。

 2015年に発表された大手鉱山会社の人員削減計画としては、2月発表のBHP Billiton(Escondida鉱山)、9月発表のFreeport McMoRan(El Abra鉱山で650名解雇)およびCODELCO(組織再編による管理職ポストの削減など)、10月発表のAnglo AmericanおよびGlencore(Collahuasi鉱山で110名解雇)に続くものである。

ページトップへ