閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2015年10月8日 バンクーバー 山路法宏

米:Alcoa社、第3四半期の純利益が対前年同期比70 %減、2016年のアルミニウムは供給不足と予測

 2015年10月8日、米アルミ合金メーカーのAlcoa社は2015年第3四半期の決算を発表し、純利益が44百万US$だったと発表した。前年同期は149百万US$であったため、対前年同期比で約70 %の減少となった。資産の売却や事業の閉鎖、市場低迷等が純利益を21 %減少させたが、航空機産業や自動車産業の本業における成長や買収、アルミナの販売等により純利益が10 %増加したことで一部相殺した。収益は56億US$(対前年同期比で約11 %減)で、そのうち付加価値ビジネスが34億US$、上流ビジネスが22億US$であった。

 また、Alcoa社は、2015年に6.5 %増加し、2020年には2010年から倍増すると予想した同社の世界のアルミニウム需要見通しについて、これまでのところ需要は予定より早く増加しており、2016年には供給不足になると予想した。

ページトップへ