閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年10月12日 ロンドン 竹下聡美

ポルトガル:ICSGの銅需給予測、2015年は供給過剰幅が縮小し2016年に12.7万tの供給不足へ

 2015年10月5日から6日にかけて、ポルトガル・リスボンで国際銅研究会(ICSG)が開催され、銅の2015年及び2016年の需給予測が発表された。4月に開催された春季会合の予測では、2016年は22.8万tの供給過剰であったが、今回の会合において、中国の経済減速に伴う世界需要全体の低下が予想されるも銅生産者による最近の減産発表により生産量が需要量を下回るとして、12.7万tの供給不足に見直した。なお、2015年の需給についてはほぼバランスするとして供給過剰幅は4月予測値の36.4万tから4.1万tに縮小した。

 サプライサイドについて、銅鉱山生産量は、2015年は前年比1.2 %増の1,875.1万t、2016年は生産大手の減産発表があったものの既存鉱山や新規鉱山において増産がなされるとして前年比4.2 %増の1,954.2万tと予測した。銅地金生産量については、2015年はチリ、日本及び米国での減産が中国の増産により相殺され前年比0.8 %増の2,266.9万t、2016年は2.3 %増の2,318.3万tと推定した。デマンドサイドについて、銅地金消費量は、2015年は中国の見かけ消費は前年からフラットも中国外では1.5 %減少するとして前年比1.2 %減の2,262.8万t、2016年は中国の産業向け需要成長率が4 %、中国以外では2 %の伸び率と推定し、前年比3 %増の2,331.0万tと予測した。

ページトップへ