閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2015年10月12日 ロンドン 竹下聡美

ポルトガル:ILZSGの亜鉛需給予測、2015年は供給過剰も2016年に15.2万tの供給不足に転じる

 2015年10月8日から9日にかけて、ポルトガル・リスボンで国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)が開催され、亜鉛の2015年及び2016年の需給予測が発表された。なお、統計委員会は8日に開催され、Glencoreが9日に発表した亜鉛鉱山生産量50万tの減産発表については本予測には考慮されていない。ILZSGは、2015年は8.8万tの供給過剰、2016年には15.2万tの供給不足に転じると予測した。

 サプライサイドについて、亜鉛鉱山生産量は豪州及びアイルランドの大型鉱山の閉鎖に伴う減産が中国で予想される増産によって相殺され、2015年は前年比0.3 %増の1,354.7万t、2016年は1.8 %増の1,379.7万tと推定した。亜鉛地金生産量は、2015年はカナダ、中国、インド及び韓国での増産が影響し、前年比3.5 %増の1,399.0万t、2016年はオランダ、タイ及び日本での減産を韓国、メキシコ及びナミビアでの増産が相殺して1.6 %増の1,421.5万tと推計した。デマンドサイドについては、中国の溶融亜鉛鋼板向け需要が期待され、2015年の亜鉛地金消費量は前年比1.1 %増の1,390.2万t、2016年は3.2 %増の1,436.7万tと予測した。

ページトップへ