閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年10月13日 シドニー 山下宜範

豪:Evolution Mining社は2鉱山の買収により金を増産

 2015年10月9日、Evolution Mining社が第1四半期(6~9月)の業績を報告。先般、NSW州のCowal鉱山、WA州のMungari鉱山の2箇所の金鉱山を買収したことにより同社は豪州における産金量第2位の上場企業となり、同期における7鉱山からの金生産量は174,169 oz(5.42 t)となった。仮に同社が両鉱山を期初から操業していたと仮定した場合の生産量は216,693 oz(6.74 t)となる。これに対して同社の通年での生産目標は730,000~810,000 oz(22.71~25.19 t)である。また、2016年度の金の生産コスト(All-in Sustaining Cost:AISC)は990~1,060 A$/ozと見込んでいたが、第1四半期は882 A$/ozであった。堅調なキャッシュフローを受けて、Cowal鉱山の買収に係る支払いに加えて77 mA$を債務の返済に充てたこと等により、同社のキャッシュの残高は前期の205.8 mA$から、今期は58.3 mA$にまで減少した。

ページトップへ