閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2015年10月16日 リマ 迫田昌敏

エクアドル:Mirador銅プロジェクト、現地での動き

 2015年10月2日~6日付け地元紙各紙によると、10月5日、Correa大統領は、MiradorプロジェクトがあるZamora Chinchipe県El Pangui郡を訪問し、この地方に建設された小・中学合同校舎の開校式で祝辞を述べた。この祝辞のなかで、この校舎がMiradorプロジェクトを推進するEcuacorriente社(中国資本現地子会社)のロイヤルティ前払い金により建設できたと説明、鉱業開発により地元の教育、医療、インフラ事業など、同政権のスローガン「良く生きる」(Buen vivir)に役立つことを強調、理解を求めた。

 一方、鉱業開発に反対する同県のSalvador Quishpe知事は、環境破壊と会計監査庁審査によれば鉱区の一部がコンドル山脈保護地域に食い込んでおり権益は憲法違反であると声明を出した。

 また、同郡Tundayme地区San Marcosで実施された強制撤去に対して、地元グループは不正・違法行為であると抗議した。これに対し、鉱業統制管理機構(Arcom)は、Ecuacorriente社との鉱業契約により地役権を与えた土地で、行政上の措置であり、退去対象となった住民には代替土地家屋を提供していると説明している。

ページトップへ