閉じる

ニュース・フラッシュ

2015年10月19日 メキシコ 縄田俊之

ニカラグア:ニカラグア政府、加B2 Gold社の新プロジェクトを許可せず

 2015年10月15日付け業界紙等によると、ニカラグア政府関係者は、加B2 Gold社(本社:バンクーバー)がニカラグアに保有するTajo Pavon金プロジェクトに関し、周辺環境へ悪影響を与えるとして許可しない旨を明らかにした。

 天然資源・環境省(MARENA)は、同プロジェクトは近隣の2河川及び自然環境へ悪影響を与える可能性があることから、今後同プロジェクトを推進することは不可能である旨を明らかにした。

 また、ニカラグア政府報道官によると、同社が3年間かけて探鉱を実施してきた同プロジェクトに関して、環境専門家が近隣コミュニティや水源に対しマイナスの影響を与えるため、実行可能ではない旨の結論を出した。

ページトップへ